夏こそ気を付けたい危険な夏風邪

夏が近づいてきましたが、暑くなったら注意が必要になってきます。最高の夏を過ごすためには、健康管理が第一となります。夏風邪や熱中症、日焼けなど、夏ならではの症状や病気を予防する為には、正しい知識が必要となります。
夏風邪には種類があり、大人が感染することにより重症化してしまう事も多いと言われています。
・ヘルパンギーナは、夏に流行する急性咽頭炎です。感染しやすいのは圧倒的に乳児ですが子供の病気だからといって油断するのは禁物です。
・手足口病は、手や足、口に症状が出るウイルス性の感染症です。軽症ですむ場合が多いのですが、その半面では、重症化してしまう場合もありますので経過観察が重要です。
・プール熱です。医学的な病名としては、咽頭結膜炎です。プールでの感染が多いと言われていてそれ以外の場所で感染する事もあります。
また、特効薬のない夏風邪ですが、アデノウイルスやエンテロウイルスが原因で感染する夏風邪には、特効薬やワクチンがありません。生活習慣などに気を配るようにして予防を行っていく事が大切になってきます。
夏風邪以外にも暑くなってくると気をつける必要がある感染症があります。お子さんの体調に異変が起きたら親が焦ってしまいますが、病気について正しく理解することにより対処も手軽に行う事が出来ます。
重症化すると命を落とす事もある熱中症の予防や対策についてですが、熱中症は屋外だけでなく室内でもなってしまう可能性がありますので、こまめな水分補給が大切になってきます。
夏風邪のヘルパンギーナは子供に多い病気ではありますが、大人が感染しないわけではなく、大人が感染する場合には、抵抗力が落ちていると考えられます。子供から感染する事が多く、39度を超える熱が続いて重症化してしまう場合もありますので注意が必要となります。
アデノウイルスやプール熱の症状は、喉の腫れと痛み、目のかゆみや痛み、結膜の充血で熱も高くなってしまいます。アデノウイルスは胃腸炎を起こしやすい病原体なので、プール熱でも腹痛や下痢を訴える場合もあります。
ヘルパンギーナ、アデノウイルス、プール熱はウイルスで発症するので特効薬と言えるものがありません。熱や痛みに対しての治療が主になってしまいます。また、口の中に水泡が出来たり、喉に炎症が起こて食事がとりにくくなる時には、点滴治療が必要となってくる場合もあります。
何よりも予防を行っていくうえで大切なことは帰宅後と食事の前、トイレの後は、手洗いうがいをきちんと行う必要があり、家族でもタオルなどを共有しないようにすることも大切になってきます。
実際に、私もいまは落ち着いていますが、子供が小さいころは病院通いが多く、今でもアレルギー鼻炎なので、2ヶ月に1度は通院しています。その中で、やっぱり、学校や集団生活をするとどうしても移ってしまうというのは仕方ありません。
しかし、大事なことは、きちんと子供の症状を親が把握する事です。私は、子供が夕方から熱が出て、夜9時に緊急で病院へ連れて行くことにしました。まずは、病院に電話をしたのでしが、緊急でなければ明日来てくださいと言われて事もあります。
その時に私は、息子は溶連菌と判断したのですが、私が電話を切り旦那が電話をして、今から連れていきますと言って病院へ行きました。そこで小児科の医師がいたのですが、診察もしないで、夏風邪ですと口で言いました。
夏風邪のプール熱も口から綿棒を入れて検査をしますが、溶連菌も同じです。最初からプール熱と決めつけていた医師に、お金はかかってもよいので、溶連菌の検査もお願いしますと言って2本の綿棒で検査をしました。【制汗スプレー
結果は、溶連菌でした。実際に、親が風邪の症状などをしっかり把握しておくことにより、子供の病気に早く気が付いてあげる事が出来るので、何よりも病気について理解するようにしましょう。
診察もしないでプール熱で薬はありませんと最初に言った医者は、溶連菌とわかって、抗生剤の準備をして、夜間ですが、私たちを玄関まで見送ってくれました。今でも同じ先生ですが、きちんと症状を聞いて、検査などもきちんと行ってくれるようになったので、良かったと感じています。
夏になると特に食欲がなく、風邪などを引くと更に食欲がなく、体力などもなくなってしまいますので、日常できちんと睡眠時間を確保して、食生活でもなるべくたくさんの栄養素を取ってくださいと言いたいところですが、食べたくないのに無理をするのもよくないので、ポン酢などを使うことによりあっさりした食事で食べやすくなりますよ。