止まらない咳に隠された危険な病気・・・

咳がとまらない際には、苦しくなってしまいます。季節の変わり目や風邪をこじらせてしまうことにより、咳が続きますが、わざわざ病院へ行くまではないとそのまま放置してしまい気味ですが、咳に隠された病気があると知っていますか?今回は咳が続く原因として考えられる病気について紹介します。
咳はウイルスやホコリ、煙、食べ物の異物から肺や器官、気管支を守るために行われる防御反応なのです。咳には気道にたまっている痰を出す役割もあります。気道の粘膜は、線毛と呼ばれる細かい毛と表面を覆う粘膜があり、粘膜を守っているのです。
気道には、外から侵入したきた異物を排除する為に複数のクリーニング機能があります。鼻においては、鼻毛、鼻腔内の粘液、線毛、くしゃみ反応機能があります。更に咽頭輪と呼ばれている咽頭の入り口を取り囲むようなに位置して機能しているものがあり、気管支における咳、肺胞内における肺胞マクロファージという免疫細胞が身を守っているのです。
咳は、原因となる病気により症状が長く続いてしまいます。咳の多くは、風邪ですが、3週間以上続いて特にからせきが8週間以上も続く場合には、特別な病気の可能性がありますので、適切な検査を受けるようにしましょう。
咳が続いている器官が3週間の場合で、くしゃみ、発熱、鼻づまりなどの風邪の症状で咳の症状が軽くなっている場合には、周囲に同様の症状がいる場合は、性状の変化する膿性痰などの感染性の咳の病気が疑われます。
その時に咳の出るのがピークを過ぎている場合には、咳を鎮める薬などの対症療法により経過観察となります。ピークを過ぎていない場合には、肺炎や結核などの感染症や肺の病気を鑑別する為にX線検査や血液検査などを行う場合もあります。感染の原因の菌を知ることにより、有効な抗生物質で治療する事が出来ます。
また、咳が3週間以上続いて、痰を伴う咳の場合は、長期にわたって喫煙している場合には、慢性閉塞性肺疾患である可能性があります。煙草を吸うことにより肺が傷ついてしまいやすい体質の人にでる病気で、病気が進行すると日常の生活の中で、痰、咳、息切れなどといった症状が慢性的に出る事があります。
痰がでる咳の場合には、喘息や気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎に伴う場合があります。ごく稀に結核や肺がんなどの重症の病気が関わっている事もありますので、8週間以上続く場合には、早めに呼吸器内科に受診するようにしましょう。
治療法としては、感染ではなく、それぞれ原因となった病原体に効果を期待する事が出来る抗菌剤を使用します。咳喘息を含めた喘息では、吸入ステロイド薬を主に、気管支拡張薬を追加する場合もあります。アトピーせきやアレルギー性鼻炎では抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、点鼻薬などを使って治療を行っていきます。
実際に症状が咳だけの場合には、多くの方が市販で咳止めを購入して活用していると思いますが、咳止めと言ってもたくさんの種類がありますが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。実際に市販の薬を使っても症状が改善しない場合には、やっぱり病院へ足を運んでみてもらう事も大切になってきます。
私もアレルギー性鼻炎で咳が続きますが、薬も病院へ行って処方してもらっています。実際に、今の時代は、薬なども期間が決まっていますし、長く続く場合には、その都度、きちんと検査を行ってくれますし、夜だけ薬を飲むなど自分で判断するのではなく、医師と相談しながら咳を抑えるようにしています。
市販の薬を購入していましたが、何よりも自分に合ったものを見つける事が出来ず、すぐに咳が出て苦しい状態だったので、今では原因を知ることが出来て、長く咳が続く事もありませんし、アレルギーの治療を行うようになってからは、夜眠れないほどの咳が出る事がなくなりました。
咳は布団に入って体が温まってくるとたくさん出て、眠いのに寝れない状態になってしまうのですが、寝不足になってしまうことにより、体の疲れなどもとることが出来ず、そのままの状態では、深刻な問題となる可能性もありますので、きちんと病院へ行き原因を知ることにより、きちんとした治療を行っていく事が出来て、苦しい思いをする事もなく、快適に過ごす事が出来るようになると思います。