篠沢教授を苦しめたALS|症状、発症率、治療法、予防法など

ALSという病気を知っていますが、ALSの症状や治療法について詳しく知ることにより、自分の中で理解する事が出来ると思います。ALSは高齢者に発症率が高いのが特徴となっています。

ALSとは、筋萎縮性側索硬化症のことです。日本においては約9000人の患者がいるといわれています。特定疾患として認定さえています。人口に対して1人~3人という比較的珍しい疾患ではありますが、発症が60歳~70歳の高齢者に多いということで、高齢者というくくりで見ると、発症率が高いといえます。男性の方が患者数が多いといわれていますが、男女差はほどんどないという疾患です。

ALSの症状についてですが、進行性の病気で治療は困難と言われています。人間は脳や末梢神経からの指令により筋肉運動がおこなわれているのですが、この指令を筋肉に伝える運動ニューロンものが侵されるために発症してしまう病気です。

ALSの原因は不明となっていますが、発症年齢から神経系の老化が関係していると考えられています。代表的なものは、筋肉が思うように動かなくなっていき、次第にやせ細っていくという症状となっています。口や喉の筋肉が思うように動かなくなったり、発語が上手にならなくなったり、食べ物や飲みものが飲みづらくなっていきます。

それから呼吸筋が弱まってしまい、呼吸不全となり大多数の方がなくなってしまうというような病気となっています。進行性の疾患となっていて、一度発症すると悪化の一途を辿ります。

ALSの治療に関しては基本的に投薬となっています。一番多い治療が食事に関するもので、飲み込む力が衰えてきたら流動食などで工夫して飲み込む事が困難となってきたら胃ろうへという選択を取っていきます。基本的な治療は投薬で、有名なところでは、リルゾールというALSの進行を遅らせることが出来る薬になっています。

また、リハビリテーションも重要で、筋肉や関節の動きをスムーズにするように毎日継続して行っていく必要があります。ALSの患者の受け入れが可能となっている介護施設は、増えていますが、介護施設全体の3割程度と言われています。

そのために理想的な介護施設を探すとなると少し難しいといえます。ALSは爪に進行していく疾患なので、初期段階では家族におけるケアが可能となっていますが、徐々に24時間目を離す事が出来ない状態になり、家族だけで介護していくのは難しくなってしまいます。ALSになってしまったら、このような時を迎えると認識して、早い段階から受け入れ可能な介護施設を探しておく必要があります。

何より大切になってくるのは、患者だけでなく周りの人のも影響を与えてしまう病気となっていますが、大切なことは自分で何もかもするのではなく、誰か頼りながら看病していく必要も出てきます。

今の時代は、高齢者社会となっていますので、介護施設に関しても入る事が出来ない待機時間が必要になってくるので、ALSになった場合には、早めに介護施設を申込する事がお勧めできます。

体の機能は年齢を重ねることにより衰えてしまいますが、原因が分かっていれば予防する事が可能となっていますが、原因がはっきりしていないということで、予防なども難しく、実際に薬を服用することにより、治療する事が出来るという病気ではありません。

最後には死に至ってしまうケースもあり、自分で何かをすることもできなくなってしまいますので、苦しい状態にはなってしまいますが、何よりも介護の手助けを受けることにより、介護する側のされる側に対しても負担を軽減する事が出来ると思います。