薄毛治療の最終手段、ダブルマトリックス!!

薄毛治療の最終手段、ダブルマトリックスがあるというのをご存知ですか。1回の治療、1ヶ月で効果を実感する事が出来るAGA治療の概念を覆す新治療となっています。自己組織を使用して安心できますし、毛髪改善、発毛促進が出来ます。元気な細胞でダメージを修復する事も可能となっています。

実際にAGAの悩みを抱えている人は多いと思いますが、AGA治療薬を服用したくないと考えている人や安全性の高い治療を行いたい、持病でAGA治療薬を服用する事が出来ない、副作用が不安で薬は避けたい、自毛植毛、毛髪再生メソセラピー以外の治療を検討したいという人におすすめできます。

ダブルマトリックスとは、自身の健康な毛包組織を採取して粉砕機を使って小さく粉砕します。これを溶かした懸濁液を治療部位に注入、散布する治療法となっています。自分自身の健康な毛包組織と毛髪の成長因子を治療部位に与えることにより発毛促進毛髪改善を行う事が可能となっています。この治療法は火傷や傷跡の治療にも使用されています。

ダブルマトリックスでは、真皮を採取します。真皮にある繊維芽細胞は肌を構成するエラスチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを生み出して真皮を再生する力があります。真皮とは表皮と皮下組織の間の乳頭層と真皮網状層から構成される皮膚の層のことで繊維性結合組織から構成されています。

ダブルマトリックスに特徴ですが、AGAの原因はジヒドロテストステロンという悪玉脱毛ホルモンが毛乳頭細胞を攻撃していることが原因となっています。DHTは毛母細胞の働きを妨げることで髪の毛の成長を止めてしまい、細く弱い弱毛と呼ばれる髪を生み出します、弱毛はしっかりと成長する前に抜けてしまうのでAGAがどんどん進行していきます。

AGAを治療する為には、その原因となっている悪玉脱毛ホルモンを抑制する必要があり、そのためには、フィナステリドと呼ばれるAGA治療薬を投与する必要があります。AGA治療には薬の服用が欠かせないものとなっていました。

※徹底比較【マイナチュレ vs ベルタ育毛剤】両者の違いが丸分かり!

しかし、ダブルマトリックスは、悪玉脱毛ホルモンを抑えるという従来の治療とは別で健康な自己細胞を使用して毛髪自体を強い元気な状態に変える全く新しい治療法となっています。そのために、フィナステリドの服用をせずにAGAの進行をストップさせることが可能となっています。

ヘアーサイクル自体を正しく保るヘアーシグナルで、今まで男性脱毛症は、フィナステリド等の定期的継続的な処方を行わないとDHTの悪影響によりヘアサイクルにおける成長期が短くなって、薄毛の進行は止められないというのがAGA治療の基本的な考え方でした。

健康上の問題や薬アレルギー等で処方自体がおこなえない人は他の治療法となっていましたが、ダブルマトリックスはDHTをブロックするのではなく、ヘアーサイクル自体を正しく保つヘアーシグナルに注目しました。

健康な髪の毛とその周囲にはこのヘアーシグナルがふんだんに含まれていて、これを少量採取してシンプルに注射することにより、薄毛の改善が可能となっています。ダブルマトリックスのメリットですが、自身の元気な組織を使う為に安心で安全です。気になる部分にピンポイントで注射する事が出来て、1回の施術で効果が期待できて施術後4週間で実感する事が出来ます。更に治療薬を服用することなく治療を行う事がでいます。

今の時代は、髪の悩みを深刻に抱えている人も多くなっていますが、その中で何よりも安全性の高い治療を行っていきたいと考えている人に特にお勧めできる治療法となっています。薬の副作用の心配などをする必要もありませんし、自分の髪の毛なので安心して治療を行っていくことが出来ます。