赤ん坊にハチミツはNG!乳児ボツリヌス症

最近では、様々なニュースを目にしますが、ビックリしたニュースとして赤ちゃんがボツリヌス症でこないだ死亡したという事が東京都から報告されました。最近の出来事で、ビックリした出来事でした。
赤ちゃんの離乳食がはじまると食べてはいけないものがあり心配になってしまう両親も多いと思います。その中の一つで、はちみつにはボツリヌス菌がいるので危険という事を今回のニュースで私は初めて知りました。
東京都の発表によると、男児は今年1月から、ジュースに市販のはちみつを混ぜたものを離乳食として1日平均2回程度家族が与えていたそうです。2月16日に咳などの症状が出て、20日に病院へ搬送されましたが、3月30日に死亡したそうです。男児の便と自宅のはちみつからボツリヌス菌が検出されたそうです。
乳児ボツリヌス症は、1歳未満の赤ちゃんが、はちみつなどに含まれているボツリヌス菌の芽胞と呼ばれる、菌の種のようなものを口から摂取することにより始まると言われています。この種が腸で増殖して、筋肉を麻痺させる毒素の作用により全身症状が悪化してしまう感染症です。
乳児ボツリヌス症の症状と経過ですが、ボツリヌス菌は芽胞の形態なので加熱しても雑菌することが出来ず、ボツリヌスの毒素は加熱で無毒化する事ができます。通常は胃液や腸液、腸内細菌により芽胞が増殖できないと言われています。
乳児では腸内の細菌バランスがまだ不安定な状態なのでボツリヌス菌が増殖しやすいと推定されています。ボツリヌス症を発症した場合には、症状として排便が良好な子供が急に3日~5日以上の頑固な便秘となることが特徴となっています。
まや、発病侍には、短期間の発熱やお腹の張り、嘔吐などがあり、ボツリヌス菌感染による胃腸炎症状が出来ます。その後、体内に感染したボツリヌス菌が増殖してボツリヌス菌毒素を生産して、筋力低下の症状が進行します。
その速度は様々ですが、特徴としては、顔面が無表情となったり、首や頭を支える事ができない、手足を持ち上げられない、鳴き声が小さくなる、母乳やミルクを飲めなくなるなど進行的に起こってしまいます。
症状た進行してしまうと呼吸困難、呼吸停止など集中治療管理が必要となります。治療は、対症療法がメインとなっていますが、最近では米国では抗ボツリヌス免疫グロブリンが認可されています。回復後も1ヶ月~6ヶ月間はボツリヌス菌が排出されることがあり、二次感染への配慮が必要となります。
乳児にはちみつを与えてはいけない理由ですが、はちみつが非加熱の食品に分類されることが挙げられます。乳製品のように雑菌、濾過をせず不純物を取る程度であることと、土壌にに近い環境で生産されている事が考えられています。
また、乳児は腸内細菌のバランスと免疫組織が未熟です。成長することにより、紹介機能や腸内細菌のバランスも変わり、ボツリヌスの芽胞は、活性をしなくて排泄されるのです。乳児の場合には、ミルクや母乳などの栄養価の高いものを摂っていて、腸内細胞が未熟で酸素がより少ない腸管なので、ボツリヌスにとっては生存、増殖しやすい環境なのです。
実際に、良いと考えて与えていたものだと思いますが、このような感染症にかかってしまいショックだと考えると同じ母親として胸が痛くなります。母子手帳などに記載されていますが、はちみつだけでなく、コーンシロップや黒糖などもダメと啓発されています。
1歳未満ということで1歳になって与えるようになったというように感じますが、やっぱり離乳食の時期って結構大変で、何でも食べてくれないと栄養があるものと思って与えてしまう人もいると思います。
そのような親心は理解できますが、このような報道により、多くの方が深刻に考えていると思いますが、やっぱり一人で育てるのではなく、様々な人との連携を取りながら、周りの意見などにもきちんと耳を傾ける必要があると思います。
もしも、離乳食を全く食べてくれない悩みを抱えている人は、保健センターなどに相談したり、ネットで様々な情報を調べることにより、深刻な悩みにならず、今は食べない時期とか、自分の事もだけでないとわかると少しは気持ちに余裕が持てると思います。
私も14歳の娘と10歳の息子がいますが、はちみつがこんなに深刻だたっとは今初めて知りました。実際に、こんな事がないと深刻に受け止めないという人も中には多いと思いますので、赤ちゃんを育てるためにも、色々な勉強は大事という事が分かりました。