投稿者「kateinoigaku」のアーカイブ

赤ん坊にハチミツはNG!乳児ボツリヌス症

Published / by kateinoigaku
最近では、様々なニュースを目にしますが、ビックリしたニュースとして赤ちゃんがボツリヌス症でこないだ死亡したという事が東京都から報告されました。最近の出来事で、ビックリした出来事でした。
赤ちゃんの離乳食がはじまると食べてはいけないものがあり心配になってしまう両親も多いと思います。その中の一つで、はちみつにはボツリヌス菌がいるので危険という事を今回のニュースで私は初めて知りました。
東京都の発表によると、男児は今年1月から、ジュースに市販のはちみつを混ぜたものを離乳食として1日平均2回程度家族が与えていたそうです。2月16日に咳などの症状が出て、20日に病院へ搬送されましたが、3月30日に死亡したそうです。男児の便と自宅のはちみつからボツリヌス菌が検出されたそうです。
乳児ボツリヌス症は、1歳未満の赤ちゃんが、はちみつなどに含まれているボツリヌス菌の芽胞と呼ばれる、菌の種のようなものを口から摂取することにより始まると言われています。この種が腸で増殖して、筋肉を麻痺させる毒素の作用により全身症状が悪化してしまう感染症です。
乳児ボツリヌス症の症状と経過ですが、ボツリヌス菌は芽胞の形態なので加熱しても雑菌することが出来ず、ボツリヌスの毒素は加熱で無毒化する事ができます。通常は胃液や腸液、腸内細菌により芽胞が増殖できないと言われています。
乳児では腸内の細菌バランスがまだ不安定な状態なのでボツリヌス菌が増殖しやすいと推定されています。ボツリヌス症を発症した場合には、症状として排便が良好な子供が急に3日~5日以上の頑固な便秘となることが特徴となっています。
まや、発病侍には、短期間の発熱やお腹の張り、嘔吐などがあり、ボツリヌス菌感染による胃腸炎症状が出来ます。その後、体内に感染したボツリヌス菌が増殖してボツリヌス菌毒素を生産して、筋力低下の症状が進行します。
その速度は様々ですが、特徴としては、顔面が無表情となったり、首や頭を支える事ができない、手足を持ち上げられない、鳴き声が小さくなる、母乳やミルクを飲めなくなるなど進行的に起こってしまいます。
症状た進行してしまうと呼吸困難、呼吸停止など集中治療管理が必要となります。治療は、対症療法がメインとなっていますが、最近では米国では抗ボツリヌス免疫グロブリンが認可されています。回復後も1ヶ月~6ヶ月間はボツリヌス菌が排出されることがあり、二次感染への配慮が必要となります。
乳児にはちみつを与えてはいけない理由ですが、はちみつが非加熱の食品に分類されることが挙げられます。乳製品のように雑菌、濾過をせず不純物を取る程度であることと、土壌にに近い環境で生産されている事が考えられています。
また、乳児は腸内細菌のバランスと免疫組織が未熟です。成長することにより、紹介機能や腸内細菌のバランスも変わり、ボツリヌスの芽胞は、活性をしなくて排泄されるのです。乳児の場合には、ミルクや母乳などの栄養価の高いものを摂っていて、腸内細胞が未熟で酸素がより少ない腸管なので、ボツリヌスにとっては生存、増殖しやすい環境なのです。
実際に、良いと考えて与えていたものだと思いますが、このような感染症にかかってしまいショックだと考えると同じ母親として胸が痛くなります。母子手帳などに記載されていますが、はちみつだけでなく、コーンシロップや黒糖などもダメと啓発されています。
1歳未満ということで1歳になって与えるようになったというように感じますが、やっぱり離乳食の時期って結構大変で、何でも食べてくれないと栄養があるものと思って与えてしまう人もいると思います。
そのような親心は理解できますが、このような報道により、多くの方が深刻に考えていると思いますが、やっぱり一人で育てるのではなく、様々な人との連携を取りながら、周りの意見などにもきちんと耳を傾ける必要があると思います。
もしも、離乳食を全く食べてくれない悩みを抱えている人は、保健センターなどに相談したり、ネットで様々な情報を調べることにより、深刻な悩みにならず、今は食べない時期とか、自分の事もだけでないとわかると少しは気持ちに余裕が持てると思います。
私も14歳の娘と10歳の息子がいますが、はちみつがこんなに深刻だたっとは今初めて知りました。実際に、こんな事がないと深刻に受け止めないという人も中には多いと思いますので、赤ちゃんを育てるためにも、色々な勉強は大事という事が分かりました。

知って得する防已黄耆湯の効果!

Published / by kateinoigaku
防已黄耆湯ってしっていますか?様々な効果を期待する事が出来ると知り合いの人に聞いたので自分なりに調べてみました。防已黄耆湯と言っても沢山の種類もあり、最近では、市販で購入する事が出来るという事が分かりました。今回は、防已黄耆湯の効果について詳しく紹介しますので参考にしてみてください。
防已黄耆湯はむくみや水太りなどに効果を期待する事が出来ると言われています。現在では肥満に効果的な漢方薬も沢山販売されるようになっていて、身近に手に入れる事が出来ます。しかし、肥満と言っても色々な種類があり、それぞれの体質に合ったものを選ぶ必要があります。
防已黄耆湯は、防已、黄耆、白朮や蒼朮、生姜、大棗、甘草などの製薬が組み合わさって出来ている漢方です。体力が中程度以下の方向けで、医療用としても処方されていますし、市販薬としても販売されています。コッコアポL錠も中身は防已黄耆湯です。
どのように効果を期待できるのか説明するとぽっちゃり水太りしている人や筋力がなく疲れやすい人、汗をかきやすい人、むくみがある人に用いられています。そんなに食事の量を取っていないのに太ってしまう人は、体内の代謝が悪くなって、脂肪がつきやすくなってしまったり、疲れやすくなってしまいます。そこで、防已黄耆湯を活用することにより代謝をよくすることが出来ますので、肥満を解消に導く事が出来ます。
肥満の原因としては、身体の代謝が悪くなったことが要因として挙げられるのですが、代謝が悪くなってしまうことにより、疲れやすく動かなくなります。そうなってしまうことにより、筋肉量が減って、更に代謝が悪く疲れを感じやすくなるのです。摂取したエネルギーが余ると蓄積して脂肪になってしまいます。
防已黄耆湯がエネルギーの作られている胃腸の機能と高めて、代謝を活発にして体を引き締めてくれます。また、消化機能を助けてくれるので、余分な水分を排出してむくみなどの改善も期待する事が出来ます。
防已黄耆湯を服用する上での注意点ですが、成分の中に甘草が入っているので、妊娠中の方は医師に相談するか控える事が良いと思います。実際に研究により早産の危険性を高める恐れがあると言われている成分でもあります。
防已黄耆湯は、肥満やむくみだけでなく、腫れた関節の余分な水分を排出することにで関節痛などにも用いられています、最近では、見た目では、漢方とわからない名前て販売されているものも多いので、薬の裏をチェックして、どのような成分が配合されているのか確認してみるようにしましょう。
女性の肥満の味方となってくれる防已黄耆湯ですが、漢方で肥満を改善に導いていく事が出来るので嬉しいですよね。漢方は薬ではないので、漢方だけの効果を期待しようと考えるのではなく、日常では自分が出来る事を取り入れる必要があります。
より効果を高めていくためには、普通の食生活の見直しを行うようにして、適度な運動も取り入れていくようにしましょう。体内のバランスを整えて漢方を活用することにより、薬なしでも代謝をよくすることが出来て、太りにくい体を手に入れる事が出来ます。
最近では、漢方やサプリメントを愛用する人がいますが、商品だけに頼って自分なりには何もしないという人も多いのですが、効果を期待する為には、自分が日常で出来る事から取り組みながら漢方やサプリを愛用することにより、より効果を期待する事が出来ると言えます。

止まらない咳に隠された危険な病気・・・

Published / by kateinoigaku
咳がとまらない際には、苦しくなってしまいます。季節の変わり目や風邪をこじらせてしまうことにより、咳が続きますが、わざわざ病院へ行くまではないとそのまま放置してしまい気味ですが、咳に隠された病気があると知っていますか?今回は咳が続く原因として考えられる病気について紹介します。
咳はウイルスやホコリ、煙、食べ物の異物から肺や器官、気管支を守るために行われる防御反応なのです。咳には気道にたまっている痰を出す役割もあります。気道の粘膜は、線毛と呼ばれる細かい毛と表面を覆う粘膜があり、粘膜を守っているのです。
気道には、外から侵入したきた異物を排除する為に複数のクリーニング機能があります。鼻においては、鼻毛、鼻腔内の粘液、線毛、くしゃみ反応機能があります。更に咽頭輪と呼ばれている咽頭の入り口を取り囲むようなに位置して機能しているものがあり、気管支における咳、肺胞内における肺胞マクロファージという免疫細胞が身を守っているのです。
咳は、原因となる病気により症状が長く続いてしまいます。咳の多くは、風邪ですが、3週間以上続いて特にからせきが8週間以上も続く場合には、特別な病気の可能性がありますので、適切な検査を受けるようにしましょう。
咳が続いている器官が3週間の場合で、くしゃみ、発熱、鼻づまりなどの風邪の症状で咳の症状が軽くなっている場合には、周囲に同様の症状がいる場合は、性状の変化する膿性痰などの感染性の咳の病気が疑われます。
その時に咳の出るのがピークを過ぎている場合には、咳を鎮める薬などの対症療法により経過観察となります。ピークを過ぎていない場合には、肺炎や結核などの感染症や肺の病気を鑑別する為にX線検査や血液検査などを行う場合もあります。感染の原因の菌を知ることにより、有効な抗生物質で治療する事が出来ます。
また、咳が3週間以上続いて、痰を伴う咳の場合は、長期にわたって喫煙している場合には、慢性閉塞性肺疾患である可能性があります。煙草を吸うことにより肺が傷ついてしまいやすい体質の人にでる病気で、病気が進行すると日常の生活の中で、痰、咳、息切れなどといった症状が慢性的に出る事があります。
痰がでる咳の場合には、喘息や気管支拡張症、副鼻腔気管支症候群、慢性の鼻炎に伴う場合があります。ごく稀に結核や肺がんなどの重症の病気が関わっている事もありますので、8週間以上続く場合には、早めに呼吸器内科に受診するようにしましょう。
治療法としては、感染ではなく、それぞれ原因となった病原体に効果を期待する事が出来る抗菌剤を使用します。咳喘息を含めた喘息では、吸入ステロイド薬を主に、気管支拡張薬を追加する場合もあります。アトピーせきやアレルギー性鼻炎では抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、点鼻薬などを使って治療を行っていきます。
実際に症状が咳だけの場合には、多くの方が市販で咳止めを購入して活用していると思いますが、咳止めと言ってもたくさんの種類がありますが、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。実際に市販の薬を使っても症状が改善しない場合には、やっぱり病院へ足を運んでみてもらう事も大切になってきます。
私もアレルギー性鼻炎で咳が続きますが、薬も病院へ行って処方してもらっています。実際に、今の時代は、薬なども期間が決まっていますし、長く続く場合には、その都度、きちんと検査を行ってくれますし、夜だけ薬を飲むなど自分で判断するのではなく、医師と相談しながら咳を抑えるようにしています。
市販の薬を購入していましたが、何よりも自分に合ったものを見つける事が出来ず、すぐに咳が出て苦しい状態だったので、今では原因を知ることが出来て、長く咳が続く事もありませんし、アレルギーの治療を行うようになってからは、夜眠れないほどの咳が出る事がなくなりました。
咳は布団に入って体が温まってくるとたくさん出て、眠いのに寝れない状態になってしまうのですが、寝不足になってしまうことにより、体の疲れなどもとることが出来ず、そのままの状態では、深刻な問題となる可能性もありますので、きちんと病院へ行き原因を知ることにより、きちんとした治療を行っていく事が出来て、苦しい思いをする事もなく、快適に過ごす事が出来るようになると思います。

夏こそ気を付けたい危険な夏風邪

Published / by kateinoigaku
夏が近づいてきましたが、暑くなったら注意が必要になってきます。最高の夏を過ごすためには、健康管理が第一となります。夏風邪や熱中症、日焼けなど、夏ならではの症状や病気を予防する為には、正しい知識が必要となります。
夏風邪には種類があり、大人が感染することにより重症化してしまう事も多いと言われています。
・ヘルパンギーナは、夏に流行する急性咽頭炎です。感染しやすいのは圧倒的に乳児ですが子供の病気だからといって油断するのは禁物です。
・手足口病は、手や足、口に症状が出るウイルス性の感染症です。軽症ですむ場合が多いのですが、その半面では、重症化してしまう場合もありますので経過観察が重要です。
・プール熱です。医学的な病名としては、咽頭結膜炎です。プールでの感染が多いと言われていてそれ以外の場所で感染する事もあります。
また、特効薬のない夏風邪ですが、アデノウイルスやエンテロウイルスが原因で感染する夏風邪には、特効薬やワクチンがありません。生活習慣などに気を配るようにして予防を行っていく事が大切になってきます。
夏風邪以外にも暑くなってくると気をつける必要がある感染症があります。お子さんの体調に異変が起きたら親が焦ってしまいますが、病気について正しく理解することにより対処も手軽に行う事が出来ます。
重症化すると命を落とす事もある熱中症の予防や対策についてですが、熱中症は屋外だけでなく室内でもなってしまう可能性がありますので、こまめな水分補給が大切になってきます。
夏風邪のヘルパンギーナは子供に多い病気ではありますが、大人が感染しないわけではなく、大人が感染する場合には、抵抗力が落ちていると考えられます。子供から感染する事が多く、39度を超える熱が続いて重症化してしまう場合もありますので注意が必要となります。
アデノウイルスやプール熱の症状は、喉の腫れと痛み、目のかゆみや痛み、結膜の充血で熱も高くなってしまいます。アデノウイルスは胃腸炎を起こしやすい病原体なので、プール熱でも腹痛や下痢を訴える場合もあります。
ヘルパンギーナ、アデノウイルス、プール熱はウイルスで発症するので特効薬と言えるものがありません。熱や痛みに対しての治療が主になってしまいます。また、口の中に水泡が出来たり、喉に炎症が起こて食事がとりにくくなる時には、点滴治療が必要となってくる場合もあります。
何よりも予防を行っていくうえで大切なことは帰宅後と食事の前、トイレの後は、手洗いうがいをきちんと行う必要があり、家族でもタオルなどを共有しないようにすることも大切になってきます。
実際に、私もいまは落ち着いていますが、子供が小さいころは病院通いが多く、今でもアレルギー鼻炎なので、2ヶ月に1度は通院しています。その中で、やっぱり、学校や集団生活をするとどうしても移ってしまうというのは仕方ありません。
しかし、大事なことは、きちんと子供の症状を親が把握する事です。私は、子供が夕方から熱が出て、夜9時に緊急で病院へ連れて行くことにしました。まずは、病院に電話をしたのでしが、緊急でなければ明日来てくださいと言われて事もあります。
その時に私は、息子は溶連菌と判断したのですが、私が電話を切り旦那が電話をして、今から連れていきますと言って病院へ行きました。そこで小児科の医師がいたのですが、診察もしないで、夏風邪ですと口で言いました。
夏風邪のプール熱も口から綿棒を入れて検査をしますが、溶連菌も同じです。最初からプール熱と決めつけていた医師に、お金はかかってもよいので、溶連菌の検査もお願いしますと言って2本の綿棒で検査をしました。【制汗スプレー
結果は、溶連菌でした。実際に、親が風邪の症状などをしっかり把握しておくことにより、子供の病気に早く気が付いてあげる事が出来るので、何よりも病気について理解するようにしましょう。
診察もしないでプール熱で薬はありませんと最初に言った医者は、溶連菌とわかって、抗生剤の準備をして、夜間ですが、私たちを玄関まで見送ってくれました。今でも同じ先生ですが、きちんと症状を聞いて、検査などもきちんと行ってくれるようになったので、良かったと感じています。
夏になると特に食欲がなく、風邪などを引くと更に食欲がなく、体力などもなくなってしまいますので、日常できちんと睡眠時間を確保して、食生活でもなるべくたくさんの栄養素を取ってくださいと言いたいところですが、食べたくないのに無理をするのもよくないので、ポン酢などを使うことによりあっさりした食事で食べやすくなりますよ。